“木橋”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
きばし30.0%
もくきょう30.0%
もっきょう20.0%
もくきやう10.0%
もくけう10.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“木橋”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 伝記 > 日本4.2%
芸術・美術 > 音楽 > 邦楽3.2%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
下水と溝川はその上にかかった汚い木橋きばしや、崩れた寺の塀、枯れかかった生垣いけがき、または貧しい人家のさまと相対して、しばしば憂鬱なる裏町の光景を組織する。
下水と溝川みぞかははその上にかゝつたきたな木橋きばしや、崩れた寺の塀、枯れかゝつた生垣いけがき、または貧しい人家のさまと相対して、しば/\憂鬱なる裏町の光景を組織する。
水 附渡船 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
これらの木橋もくきょうを有する松江に比して、朱塗りの神橋に隣るべく、醜悪なる鉄のつり橋を架けた日光町民の愚は、誠にわらうべきものがある。
松江印象記 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
二銭を出し、私は遊園地の木戸をくぐった。約一間歩いたらしい。と、ちっちゃい木橋もくきょうがあった。幅三尺、長さ五尺、川には水なんか流れていない。でもり渡らなければならない。
奥さんの家出 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
しかし事実は木橋もっきょうだった両国橋の欄干が折れ、大勢の人々の落ちた音だった。
追憶 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
暗い掘割りの一町ばかり向うに、黒い木橋もっきょうが架かっている。
暗黒公使 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
谿高くガアドそぎたち夏ちかし木橋もくきやうゆ仰ぐ若葉の光
海阪 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
(靴穿きで木橋もくけうを蹈む淋しさ!)
橋の上の自画像 (新字旧仮名) / 富永太郎(著)