“おかみさん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
内儀29.4%
女房17.6%
内君11.8%
老婦5.9%
主婦5.9%
内儀樣5.9%
内室5.9%
御内儀5.9%
御内室5.9%
細君5.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
内祝言だけを済まして内儀になり、翌年になりますと、丁度この真桑瓜時分下総瓜といって彼方は早く出来ます。
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
最愛の女房から踏み付けにされちゃったのですからスッカリ気を腐らしたのでしょう。
二重心臓 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
「あれ、そんなこわい顔をしなくったっていいじゃありませんか。何も内君にしてくれと言うんじゃなし。ただ他人らしくなく、生涯親類のようにして暮らしたいと言うんでさね」
義血侠血 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「うむ、好い人です」老人までが今夜は老婦に和してお宮の美しく温順しやかなことをほめた。
うつり香 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
「あなたの好きな人が今見えました」老婦は笑い笑いいう。
うつり香 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
そうなったら憎いが先に立って、私は翌朝起きてからもお宮には口も利かなかった。それでも主婦階下からおを運んで来た時
うつり香 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
商賣の事ゆゑひませんが内儀さん承まはるも餘り率爾ながらに金子が出來ました尤も外より御融通なされたとか仰せなれども金子と云ふものは勿々容易には調ひ難きもの最早し事ながらに流れ買に賣拂はんとする處なりしが彼金何處から御融通なされしにや申しき事なるが御立腹なさるな内儀樣一文袖乞
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
邪見な口のききようだねえ、阿魔だのコン畜生だの婆だのと、れっきとした内室をつかめえてお慮外だよ、ちょろ蹙足爺め。
貧乏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
なすに久兵衞はつきはらひオイ/\御内儀其樣にりになるからは猶々しく思はれるマア能々
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
多「それでは此処なは、あのと阿部様の御家来であったが、久しく浪人して上州小川村に居て、また此処なお屋敷の御家来になった方で、あんたは鹽原角右衞門様の御内室のおせいさんと云いやんすか」
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
お倉さんとは誰の事だ女「藻西太郎さんの細君です、実に奇麗な女ですよ。 ...
血の文字 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)