“御内儀”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ごないぎ52.9%
おかみ35.3%
おかみさん5.9%
おないぎ5.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今更あらためて、こんなことをくのも野暮沙汰だが、おこのさんといいなさるのは、におさんの御内儀だろうのう」
おせん (新字新仮名) / 邦枝完二(著)
取ても卅二歳少々婆々ますけれども其代り厄介も子供もは其女獨りにて若御内儀さんに成ならば其こそ/\貞女御亭主
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
なすに久兵衞はつきはらひオイ/\御内儀其樣にりになるからは猶々しく思はれるマア能々
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
「平松屋さんに、とんだ騒ぎがあったんですってね、使の人から聴きましたよ、一体あのお万さんが悪いんだわ、御内儀のお駒さんを、座敷牢なんかに追い込んで」
銭形平次捕物控:282 密室 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)