“ワイン”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
葡萄酒66.7%
33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
リゼットは二日ほど葡萄酒は腹に入れないことを話した。廉葡萄酒だけは客のために衣裳戸棚の中に用意してあった。
売春婦リゼット (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
「雨水が咽喉へはいって気色が悪くていけねえ。……風呂へ入る前に、葡萄酒を一杯いただこうか」
顎十郎捕物帳:14 蕃拉布 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
三人は修繕中のサン・ドニの門をって町の光のなかに出た。リゼットの疲れた胃袋に葡萄酒がだぶついて意地の悪い吐気が胴を逆にしごいた。
売春婦リゼット (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
アメリカ人を巣に引き入れて衣裳戸棚葡萄酒の最後の一本を重く取り出した時リゼットは急に悲しくなった。
売春婦リゼット (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
ジョヴァンニは飲んだにやや熱くなって、自分の下宿へもどった。酒のために、彼の頭はラッパチーニと美しいベアトリーチェについて、いろいろの空想をたくましゅうした。