“ぶどうしゆ”の漢字の書き方と例文
語句割合
葡萄酒100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
佐「荒尾、あの葡萄酒を抜かんか、いた。これからが佳境にるのだからね」
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
「ぢあ、ジエィン、食堂から葡萄酒一杯持つて來て下さい——皆んなそこで夕食を食べてゐるでせう——それからメイスンが皆んなと一緒にゐるかどうか、何をしてゐるか見て來て下さい。」
宮は今外出せんとする夫の寒凌ぎに葡萄酒飲む長火鉢の前にくなり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)