赤格子九郎右衛門の娘あかごうしくろうえもんのむすめ
何とも云えぬ物凄い睨視! 海賊赤格子九郎右衛門が召捕り処刑になったのは寛延二年三月のことで、所は大阪千日前、弟七郎兵衛、遊女かしく、三人同時に斬られたのである。訴え人は駕籠屋重右衛門。実名船越重右衛門と云えば阿波の大守蜂須賀侯家中で勘定方を …
作品に特徴的な語句
わたし かな 武士りゃんこ あっし わっち 燈火ひかり 瞬間しきり 仇敵てき 何人どなた 日向ひあた はず 惨酷むごたら そっ しょ 縮尻しくじっ 体温ぬくみ 夕陽せきよう なの 手酷てひ 溶解 睨視にらみ わし 符号マーク 迂闊うっか 不可いけな 人間ひと わし 其方そなた 命令いいつけ 囲繞とりま 在家ありか 塩梅あんべえ わたし 平素いつも 御身おみ 徹夜よあかし 惨酷むご おこ 明瞭はっきり 暴露ばれ とも 爺々おやじおやじ 碇泊ふながか しか 端艇はしけ たま はま わか 蹣跚よろめ 零落おちぶ 首級くび うち 五歳いつつ ちん 仰有おっしゃ 作者わたし せがれ 健気けなげ そば そば 先刻さっき 其方そち 初心うぶ 削竹そぎたけ 匕首あいくち 卒爾そつじ 卜翁ぼくおう 吃驚びっくり 呼吸いき 商船あきないぶね 四辺あたり こえ めかけ あや 寛延かんえん ひこ かたじ 悪漢わるもの 懐中ふところ 戸外そと 投網とあみ 提燈ちょうちん 明和めいわ 昨夜ゆうべ 景元かげもと いとま 有仰おっしゃ 森々しんしん 森然しん 武士さむらい 漸時だんだん 物品もの ひし