“漸時”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
だんだん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“漸時”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
……ああ本当に悪くねえなあ。一度でもいいからあんな女を。……おや、畜生、宿直の武士ども漸時だんだんこっちへって来やがる。
善悪両面鼠小僧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
「私はこの頃元気がない。そして漸時だんだん痩せるような気がする。お菊お前には気が付かぬかな?」
赤格子九郎右衛門の娘 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)