“体温”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
たいおん50.0%
あたたかさ25.0%
ぬくみ25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“体温”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
そのとき、すでに体温たいおんがなかつた。
金魚は死んでいた (新字新仮名) / 大下宇陀児(著)
とはいえ、まだ幽明ゆうめいさかいにあって、まったく死んでしまったわけではないので、いくぶん、ぬくみがあるが、ささの小枝からはいうつった小さな白蛇しろへびは、かれの体温たいおんへこころよげにそって、腕からのどへ、ぎんの輪となって巻きついたきり、去りもやらず、害をくわえるようすもない。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
吉野は窓側へ、直ぐ隣つて智恵子が腰を掛けたが、少し体を動しても互の体温あたたかさを感ずる位窮屈だ。
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
「うむ、有難い、体温ぬくみがある。手当てをしたら助かるであろう。まだ浦若い娘だのに殺してしまっては気の毒だ。爺々おやじおやじもっと漕げ!」
赤格子九郎右衛門の娘 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)