“鹿島”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かしま90.9%
かじま9.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
もっともこれは本来ならばバスも通う道路であって、親鸞が稲田から鹿島行方に往返のたび越えたのは東寄りの山路であるそうな。
加波山 (新字新仮名) / 服部之総(著)
その上にも、に無理なお願いであるが、どうか拙者をこのままって、常陸岸か、鹿島の辺まで便乗させてもらえまいか
旗岡巡査 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
箪笥町から谷町をまがつて鹿島といふ大きな酒屋の前から右へだらだら坂を上がり、麻布三河台のかどの私の家までたどるのである。
豚肉 桃 りんご (新字旧仮名) / 片山広子(著)
鹿島一日、はん半日。休み嫌ひの仙藏はん、なほも嫌ひの絲瓜はん。」と定吉は、村の草刈童のよく唄ふ歌を高い聲で唄つた。
天満宮 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)