旗岡巡査はたおかじゅんさ
河が吼えるように河の底から、船頭の大きな声が、 「——船止めだとようっ」 「六刻かぎりで、川筋も陸も往来止めだぞうっ」 船から船へ、呶鳴り交わしてから触れ合っていた。 下総の松戸の宿場。 雪はやっと、降りやんではいたが—— きのうからの大雪 …
作品に特徴的な語句
でけ 良人たく おの つぶさ ささ かな 美味うめ いっ ため たか まば いさか 巡査まわり そば けぶ 神座かみざ いぶ おびや はず ごと きわ 退 道化どけ ウインド もぐ きび にく もと びと ぬか わなな 燈火ともしび 黄昏たそが ごみ にな ひっさ かいな 落胆らくたん 揶揄からか 脂肪しぼう ほう じゃ 畳付たたみつ ばかま しょく くつがえ ざわ ごと あるじ はじ たず 訣別わかれ ゆか 繋綱もや 検察あらた より 巡査おまわり 横浜はま 寝台ベッド うれ まんま えん ゆる 孤屋こおく かか もら しか みが やわ くち ふくべ やか かえ どん