“鹿島洋”の読み方と例文
読み方割合
かしまなだ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
鹿島洋の波をうつさんとして、そこに踏み止まった田山白雲は、波濤洶涌の間に、半神半武の古英雄を想うて、帰ることを忘れました。
大菩薩峠:29 年魚市の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
鹿島洋からこっちの風景をこの通り写して来ている、今もそれ、平潟の村から勿来の関、有名な古来の名所だろう、それを、この通り図面にうつし取ったのだ
大菩薩峠:31 勿来の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
日本内地の地点からいえば、それは鹿島洋を去る遠からず、近からぬところあたりであろうと思われるが、この船の上では、陸地はいずれの眼界にも見られない。
大菩薩峠:32 弁信の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)