“書損”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かきそこな40.0%
かきそこ20.0%
かきそん20.0%
しよそん20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“書損”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸1.6%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
書損かきそこなって消したというよりは、正の字を二に改めたのが太くなったという方が、事柄としてまとまっているであろう。
古句を観る (新字新仮名) / 柴田宵曲(著)
先日こなひだ横山大観氏が席上せきじやう揮毫きがうで、画絹ゑきぬ書損かきそこなひをどつさりこしらへて、神戸の富豪ものもちの胆を潰させた事を書いたが
ようやく硯箱を取寄せて、かみふでらせましても、お照は紙の上に涙をぽろ/\こぼしますから、墨がにじみ幾度も書損かきそこない、よう/\重二郎の云う儘に書終り、封を固く致しました。
敵討札所の霊験 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
何でも長持のなかには、武蔵が書損かきそんじた画稿の反古が、元結でたばねてあったりしたものだそうである。
随筆 宮本武蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
かう云ひながら宇津木うつぎはゆつくり起きて、机にもたれたが、宿墨しゆくぼくに筆をひたして、有り合せた美濃紙みのがみ二枚に、一字の書損しよそんもなく腹藁ふくかうの文章を書いた。
大塩平八郎 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)