“累世”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
るいせい37.5%
だい/\25.0%
よよ12.5%
よゝ12.5%
るゐせい12.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
三河武士の末流として徳川累世恩義に対し相済まざるのみならず、も一個の士人たる徳義操行において天下後世に申訳あるべからず。
大江は 菅原家とに 朝廷累世する儒臣なり。しかるに 菅神を崇称たる事の文の如し。是以文道に者此 御神をざらんや、信ぜざらんや。
禅師これに従ひ、蓄髪して、宅を蜂須賀に構へ、足利氏を改めて、浜といひ、小六正昭と称し、後蜂須賀氏に改む。(略)——是より子孫蜂須賀氏を襲ふて、累世氏名となしぬ。
随筆 宮本武蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)