“累身”の読み方と例文
読み方割合
しじみ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
燦爛と映えたりし頃、関東節と「累身売り」の新内をいや光る金歯の奥に諷い、浅草のあけくれに一時はさわがれし太神楽の、そののち睦派の寄席にも現れ、そこばくの人気を得しも
随筆 寄席風俗 (新字新仮名) / 正岡容(著)
ハッキリ聞きとれなかったが、「累身売り」のようだった。
随筆 寄席風俗 (新字新仮名) / 正岡容(著)