“二片三片”の読み方と例文
読み方割合
ふたひらみひら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
瀧口は、あはやと計り松の根元伏轉び、『許し給へ』と言ふもなる涙聲、哀れを返す何處の花ぞ、行衞も知らず二片三片、誘ふ春風は情か無情か。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
高坂は思わず足踏をした、草のがむらむらといで、花片がまたもや散り来る——二片三片虚空から。——
薬草取 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
大空仰げば降るともなしに降りくるは雪の二片三片なり、今一度乞食のゆきしを見て太き嘆息せり。
源おじ (新字新仮名) / 国木田独歩(著)