“三片”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
みひら50.0%
みきれ37.5%
スラッペンス12.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“三片”を含む作品のジャンル比率
文学 > フランス文学 > 小説 物語1.8%
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
二つ三つまた五つ、さきは白く立って、却って檐前のきさきを舞う雪の二片ふたひら三片みひらが、薄紅うすくれないの蝶にひるがえって、ほんのりと、娘のまぶたを暖めるように見える。
薄紅梅 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
一片ひとひら 二片ふたひら 三片みひら……
青白き公園 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
小皿の上に三片みきればかり赤味がかった松脂まつやに見たようなもののあるのはからすみである。
妾宅 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
三片みきれにしてくれ。」とガヴローシュは言った。そしてしかつめらしくつけ加えた。
——JOES《ジョース》 ICE《アイス》! JOES《ジョース》! 三片スラッペンス
ロンドン一九二九年 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)