“無二無三”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
むにむさん90.9%
むにむざん9.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そうしてもう一度無二無三に、妻の体を梁の下から引きずり出そうと致しました。が、やはり妻の下半身は一寸も動かす事は出来ません。
疑惑 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
無二無三に攻めつぶし、あるいは攻めがたいものは欺いて連れ出して縛り首を打ったけれども、これは決して容易な事業でないからして
名字の話 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
いや、それは身をしたところが、無二無三に斬り立てられる内には、どんな怪我も仕兼ねなかったのです。
藪の中 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)