“こくう”の漢字の書き方と例文
語句割合
虚空100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
んで、大音呵々ふとしく、したへ、法衣つた、黒雲いて、虚空いてぶ。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
峠の中腹と覚しい辺りから虚空に高く一条の烽火が金竜のように昇ったかと思うと再び前の静寂に帰り谿谷は睡眠に入ったらしい。
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
(『占察経』に曰く、「衆生の心体はもとより以来、不生不滅にして自性清浄なり。無障無礙なること、なお虚空のごとし」と)
通俗講義 霊魂不滅論 (新字新仮名) / 井上円了(著)