“檳榔”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
びんろう44.4%
あじまさ11.1%
あぢまさ11.1%
びらう11.1%
びんらう11.1%
アヂマサ11.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“檳榔”を含む作品のジャンル比率
哲学 > 神道 > 祭祀33.3%
歴史 > 日本史 > 日本史4.6%
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 風俗習慣・民俗学・民族学4.5%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
320x100
車は、中宮(皇后)の常々召される青い檳榔びんろう糸毛車いとげぐるまなので、内のおん方も、誰かと、ただすまではない。
煙草に火をつけながら、家の前の大きな平たい墓と、その周囲に立つ六、七本の檳榔びんろうの細い高い幹を眺める。
そこでお伴に遣された王たちが聞いて歡び、見て喜んで、御子を檳榔あじまさ長穗ながほの宮に御案内して、急使を奉つて天皇に奏上致しました。
ここに御供に遣さえたるみこたち、聞き歡び見喜びて、御子は檳榔あぢまさ長穗ながほの宮二三にませまつりて、驛使はゆまづかひをたてまつりき。
檳榔あぢまさの 島も見ゆ。
われは檳榔びらうの影ひたる南の海の船のをさ
泣菫詩抄 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫(著)
椰子やし檳榔びんらう、ハシドイが到る処に茂つてゐる。
浮雲 (新字旧仮名) / 林芙美子(著)
こゝからビエンホアの町へ這入る間、甘蔗畑かんしよばたけや、果樹園や、椰子やし檳榔びんらうひ茂る、いくつかの小さい部落を抜けて、ドンナイ河にかゝつた、長い鉄橋を二つも渡つた。
浮雲 (新字旧仮名) / 林芙美子(著)
こゝに、御伴につかはさえたる王等、聞き歓び、見喜びて、御子をば、檳榔アヂマサの長穂の宮にせまつりて、駅使を貢上りき。
大嘗祭の本義 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)