“多門兵衛尉教之”の読み方と例文
読み方割合
たもんひょうえのじょうのりゆき100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
世が世なら伊勢の一名族、北畠氏の傍流の主人あるじ多門兵衛尉教之たもんひょうえのじょうのりゆき殿、その人の住まわれる屋敷だのに。……貧しい生活くらしをして居られると見える
南蛮秘話森右近丸 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)