“多門兵衛尉”の読み方と例文
読み方割合
たもんひょうえのじょう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
素性は名流北畠家の息女、いつの間にか父親多門兵衛尉たもんひょうえのじょうに、武術の教を受けたものと見え、体の固め眼の配り、寸分際なく神妙である。
南蛮秘話森右近丸 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)