“薄男”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
すすきお100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“薄男”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
生絹はまだ明るい夕あかりのなかにまごう方もない、菟原うばら薄男すすきおを見たのであった。
荻吹く歌 (新字新仮名) / 室生犀星(著)
きぬを商う家、革をひさぐ家、魚をならべる店、わけて薄男すすきおがよく訪れたこうさばく家、それらの店にすわる男らの顔にみな見覚えがあった。
荻吹く歌 (新字新仮名) / 室生犀星(著)