“聴水”の読み方と例文
読み方割合
ちょうすい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
金眸は朝よりりて、まりゐる処へ、てより称心の、聴水といふ古狐伝ひに雪踏みて、く洞の入口まで来たり。
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
原来其方が親の仇敵、ただに彼の金眸のみならず。が配下に聴水とて、いと獰悪き狐あり。
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
さきに文角ぬしが物語に、聴水といふ狐は、かつてわが父月丸ぬしのために、尾の尖切られてなしと聞きぬ。今彼の狐を見るに、尾の尖断離れたり。恐らくは聴水ならん。
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)