“とろ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:トロ
語句割合
25.0%
19.9%
19.9%
吐露16.2%
4.4%
2.9%
溶解2.2%
2.2%
杜路0.7%
0.7%
0.7%
恍惚0.7%
溶融0.7%
0.7%
0.7%
融解0.7%
0.7%
馬鹿0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
太陽はもうすっかり傾いていて、かっかと熱しきった大地には、えもいわれぬかすような暮色が、ようやく垂れこめようとしていた。
と見るまに、二のせきれいのうち、一羽がの水に落ちて、うつくしい波紋をクルクルときながら早瀬のほうへおぼれていった。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
其中にお腹もくなり、親の肌で身体もまって、けそうない心持になり、不覚昏々となると、んだ乳首が抜けそうになる。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
「忠義を旗に書いて待っているだけでは駄目です。もっと憂国の至情を吐露なさい。鉄血、人を動かすものをぶっつけなさい」
三国志:03 群星の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そして流暢な軟かみのある語韻の九州には珍しいほど京都風なのに阿蘭陀訛のけ込んだ夕暮のささやきばかりがなつかしい。
水郷柳河 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
私の留守中にあの仲働が叔父様を(併せて貴方を)かし丸部家を横領するは目に見えたる所なれど如何とも致し方無く候、今既に貴方も叔父様も心の鎔けたる者に御座候
幽霊塔 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
帯の結目何処へちょっとっても、の露は男の骨を溶解かさずと言うことなし、と申す風情
春昼 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
雷鳥は影も見せない、風死して動くものもない、身も魂もこの空気の中にけてしまいそうだ、併しいつまで経っても、融けもしなければ揺ぎもしないものは、穂高と槍である
奥常念岳の絶巓に立つ記 (新字新仮名) / 小島烏水(著)
南蛮の沙摩柯が、蛮土の猛兵数万をしたがえて参加するし、洞渓の大将杜路劉寧のふたりも手勢を挙げて加わったので、全軍の戦気すでに呉を呑み、水路の軍船は巫口(四川省・巫山)へ
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
遠く南蛮から援軍に参加していた例の蛮将沙摩柯にいたるまで、呉の周泰軍に捕捉されて、遂にその首をあげられ、さらに、蜀将の杜路劉寧の輩は、手勢を引いて、呉の本営へ降人となって
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
窮鼠却て猫をむの譬えで振向いて頭の髪をうとした
無惨 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
その嬉しさのうちには、やはり胸を騒がせるようなきが幾度か往来をします。その戦きはお君にとって怖ろしいものでなく、心魂かすほどに甘いものでありました。
大菩薩峠:13 如法闇夜の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
肝まで溶融けて、蕩々膏切った身体な、——気の消えそうな薫のい、湿った暖い霞に、虚空に揺上げられて、天の果に、蛇の目玉の黒金剛石のような真黒な星が見えた、と思うと、自然
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
鰻を生けた魚籠のにほひもむ。
思ひ出:抒情小曲集 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)
あわれ、わたしの心をかせよう
初夏(一九二二年) (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
くれば灰とわかれてきはやかにかたまり残る白銀の玉
曙覧の歌 (新字新仮名) / 正岡子規(著)
行き詰まって金の鯱の鱗を剥がす策略をらしているのか、それとも一区で五銭払うのは馬鹿くさいと考えているのか、僕には一寸判断がつき兼ねた。ところへ停留場で又一人の商人体が乗り込んだ。
ぐうたら道中記 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)