“あへ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:アヘ
語句割合
56.3%
36.7%
3.2%
1.3%
0.6%
0.6%
0.6%
喘息0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
声する方を松本はみつ「証人の名を言ふに及ばぬ、し諸君が僕を信用するならば、て証人の姓名を問ふに及ばぬではないか」
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
割合に身が大きく命を取留めた魚は川下に下れる限り下つたのもあり、あるものは真水のづるところにかたまつていでゐるのもある。
念珠集 (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)
〔譯〕英氣は是れ天地精英の氣なり。聖人は之を内にめて、を外にはさず。賢者は則ち時時之をはす。自餘豪傑の士は、全然之をはす。
其角は此時和泉のといふ所にありしが、翁大坂にときゝて病ともしらずして十日に来り十二日の臨終り、奇遇といふべし。
さる盛りの短かきものなれば、暫時よとこの名はせけん、名づけ親ぞ知らまほしき。
あきあはせ (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
與吉んだお熟睡してた。卯平ずおせてやつた。さうして道具つである蒲團せた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
見て大勢の人々成程天下の名奉行とるも道理此混雜の中にても仁慈御差※ば其下に使へる役人もの如しと感じり此の時お政は大岡殿と聞て悦ぶこと限りなく是は全く神佛御引合せ成べし既に駈込訴訟
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
ちぬ、かつ喘息ぎつゝ。
夏の日 (新字旧仮名) / 末吉安持(著)