“光彩:あや” の例文
“光彩:あや”を含む作品の著者(上位)作品数
ニコライ・ゴーゴリ1
“光彩:あや”を含む作品のジャンル比率
文学 > ロシア・ソヴィエト文学 > 小説 物語1.6%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
じゃあ今度は一つ、せめて、その眼の光彩あやだけでも語ってみるがいい。潤いのある眼、天鵞絨のような眼、砂糖のような眼、まだその上に一体どんな眼がないというのだ! きつい眼に、やさしい眼、うっとりした眼、それから誰かが言ったように婀娜っぽい眼、婀娜っぽくはないが、婀娜っぽい以上にすごい眼——こいつが男の胸に触れたら、まるで琴線に弓が触れたように高鳴るのだ。