“光彩陸離”の読み方と例文
読み方割合
こうさいりくり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ところがこの女の帯は——後から見ると最も人の注意をく、女の背中いっぱいに広がっている帯は決して黒っぽいものでもない。光彩陸離たるやたらに奇麗なものだ。
趣味の遺伝 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
答 は必ずしも悪作なりとなさず。ただ「」を「河童」とせんか、さらに光彩陸離たるべし。
河童 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)