“波々”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
なみなみ50.0%
なみ/\50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
佐々村村一は赤酒のコップに波々なみなみと受けて、黙礼をしたまま、それを唇に持って行くのです。
法悦クラブ (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
侘助のもつ小形の杯では、波々なみなみんだところで、それに盛られる日のしずくはほんの僅かなものに過ぎなからうが、それでも侘助はしんから酔ひつてゐる。
侘助椿 (新字旧仮名) / 薄田泣菫(著)
華族くわぞく姫樣ひいさまづからのおしやく、かたじけなく御受おうけなされとて波々なみ/\とつぐに
にごりえ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
それをけて、波々なみ/\がせたのを、ぐつとした但馬守たじまのかみは、
死刑 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)