“波々”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
なみ/\66.7%
なみなみ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
持來るに長兵衞是は先刻さつき口止くちどめが併しお氣の毒と笑ひながら豬口ちよくとりさけ辭儀じぎは仕ない者なりおかんよいうち波々なみ/\うけこれより長兵衞長八の兩人は酒を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
おそります。』と、玄竹げんちくさかづき盃洗はいせんみづあらひ、懷紙くわいしして、丁寧ていねいいたうへ但馬守たじまのかみさゝげた。それをけて、波々なみ/\がせたのを、ぐつとした但馬守たじまのかみ
死刑 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
侘助のもつ小形の杯では、波々なみなみんだところで、それに盛られる日のしずくはほんの僅かなものに過ぎなからうが、それでも侘助はしんから酔ひつてゐる。
侘助椿 (新字旧仮名) / 薄田泣菫(著)
佐々村村一は赤酒のコップに波々なみなみと受けて、黙礼をしたまま、それを唇に持って行くのです。
法悦クラブ (新字新仮名) / 野村胡堂(著)