“なみなみ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
満々28.6%
尋常17.9%
並々14.3%
浪々10.7%
盈々10.7%
波々7.1%
凡々3.6%
普々3.6%
普通3.6%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
菊池君は私にも叩頭おじぎをして、満々なみなみと酌を享けたが、此挙動やうすは何となく私に興を催させた。
菊池君 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
彼女の顔いろに怖れをなして、かたくちへ満々なみなみいでやると、朱実は、眼をつむって、うつわと共に、白いおもてを仰向けにのみほした。
宮本武蔵:06 空の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それでも後進生や門下生が帰服していたのは紅葉が文壇に勢力があったばかりでなく、尋常なみなみならぬ熱情と親切とを持っていたからであった。
かれ元より尋常なみなみの犬ならねば、無差むざ撲犬師いぬころしに打たれもせまじ。さるにても心元なや」ト、しきりに案じ煩ひつつ。
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
さればこの山の神社に四年目毎に行わるる奉納の試合は関東武芸者の血を沸かすこと並々なみなみならぬものがあります。
なんと並々なみなみならぬ心遣こころづかいと、努力どりょくが、そのかたむけられていることか。
ある夏の日のこと (新字新仮名) / 小川未明(著)
なるほど、けさうちを出るとき寝台の横に脱ぎすてて行った私の代りの靴が、片っぽだけ浪々なみなみと水をたたえている。
津田君が三十匁の出殻でがら浪々なみなみこの安茶碗についでくれた時余は何となくいやな心持がして飲む気がしなくなった。
琴のそら音 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
はずみに乗せられて貫一は思はずうくるとひとし盈々なみなみそそがれて、下にも置れず一口附くるを見たる満枝が歓喜よろこび
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
お島は男の手の足りないおりおりには、その一つ一つに、水を盈々なみなみ汲込まなければならなかった。
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
佐々村村一は赤酒のコップに波々なみなみと受けて、黙礼をしたまま、それを唇に持って行くのです。
法悦クラブ (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
侘助のもつ小形の杯では、波々なみなみんだところで、それに盛られる日のしずくはほんの僅かなものに過ぎなからうが、それでも侘助はしんから酔ひつてゐる。
侘助椿 (新字旧仮名) / 薄田泣菫(著)
それも凡々なみなみならぬ驚きかたであって、精いっぱいの金切り声が、いきり立つ犬の声と、途端に、すさまじい闘いを捲き起し、御堂のはりもために裂けるかのように、人獣ふたいろの音響が、ぐわんぐわんとこもって鳴る。
宮本武蔵:04 火の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
日本におけるプロレタリア文学運動の当初から、その当時にあった客観的条件を、マルクス主義芸術理論家としての立場からたゆまず積極的にとりあげ、階級的文化運動を押しすすめて行った彼の努力は普々なみなみならぬものであった。
一九三二年の春 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
皆々手製の影法師にほれるらしい、普通なみなみの人の恋の初幕しょまく、梅花のにおいぷんとしたに振向ふりむけば柳のとりなり玉の顔
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)