“黄巾賊”の読み方と例文
読み方割合
こうきんぞく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「——そんな所で、今朝からなにを待っているんだね。このごろは、黄巾賊とかいう悪徒が立ち廻るからな。役人衆にしまれるぞよ」
三国志:02 桃園の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そのうちに青州地方(済南の東)にまた黄巾賊蜂起しだした。中央が乱れると、響きに答えるように、この草賊はすぐ騒ぎ出すのである。
三国志:03 群星の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
黄巾賊がやってきたのですよ旦那、洛陽船と交易した仲買人たちが、今夜ここに泊ったのをって——」
三国志:02 桃園の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)