“魔誤”の読み方と例文
読み方割合
まご100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
行一は電車のなかで、先刻大槻に聞いた社会主義の話を思い出していた。彼は受身になった。魔誤ついた。自分の治めてゆこうとする家が、大槻の夢に出て来た切符売場のように思えた。
雪後 (新字新仮名) / 梶井基次郎(著)
これを知らない外国人などがよく魔誤ついているのを見かけたものだ。
踊る地平線:11 白い謝肉祭 (新字新仮名) / 谷譲次(著)
というのが聞えたから、咄嗟である。も出ない。魔誤魔誤して
魔像:新版大岡政談 (新字新仮名) / 林不忘(著)