“蜀”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しょく81.6%
しよく18.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
の西南の山中には一種の妖物が棲んでいて、その形は猿に似ている。身のたけは七尺ぐらいで、人の如くに歩み、つ善く走る。
諸葛孔明はの玄徳のために立たれるまでは、南陽というところで、みずから鋤鍬を取って百姓をしておいでになりましたのです。
大菩薩峠:38 農奴の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
それによりますと、支那南方といふ地方で、つたものであることがわかるのであります。
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)
むは人情なるかも、ればをとにいたればをと諸願なければからず、つら/\へば無一物ほど氣樂なるはあらざるべし
別れ霜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)