“蜀道”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しょくどう50.0%
しよくだう33.3%
ナンセンス16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
蜀道は天下の嶮岨とうけたまわる。都まで来るには、ひとかたならぬご辛苦だったでしょう」
三国志:08 望蜀の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
は、單身けてしい知己前途つた。蜀道磽确としてなるかな。
魔法罎 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
噫吁戯、危キ乎、高キ哉、蜀道ノ難キハ青天ニ上ルヨリモ難シ——この道に於いてはまことに才能の濫用も是非なく、おそらくは自ら濫用のために進んで濫用す……術を用ひながら
浪曼的月評 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)