“蜀魂”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ほととぎす80.0%
しょっこん20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今や工場煤烟と電車の響とに日本晴の空にもヒョロヒョロの声に、雨あがりのふけた夜に月は出ても蜀魂はもうかなくなった。
そこで釣寄せて置いて……ほんありがた山の蜀魂、一声漏らそうとはしいぞえ嬉しいぞえ
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
そして昔の人があの鳥の啼く音を故人のになぞらえて、「蜀魂」と云い「不如帰」と云ったのが、いかにももっともな連想であるような気がした。
吉野葛 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)