“蜀山”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しょくさん66.7%
しよくさん20.0%
しょくざん13.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
露柴は江戸だった。曾祖父蜀山文晁と交遊の厚かった人である。家も河岸丸清と云えば、あの界隈では知らぬものはない。
魚河岸 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
太田蜀山などには殊にそれが多い。漢文の大家である人達、和文を書くことをしとしなかつた人達にも、さうした『随筆』があつた。
西鶴小論 (新字旧仮名) / 田山花袋田山録弥(著)
……抱妓が五人とが二人、雛妓が二人、それと台所との同勢、蜀山として阿房宮、富士の霞に日の出の紅白粉が小溝にれて、羽目から友染がはみ出すばかり、芳町住居
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)