“しょくざん”の漢字の書き方と例文
語句割合
蜀山100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
……抱妓が五人とが二人、雛妓が二人、それと台所との同勢、蜀山として阿房宮、富士の霞に日の出の紅白粉が小溝にれて、羽目から友染がはみ出すばかり、芳町住居
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
蜀山
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)