“蜀江”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しょっこう61.5%
しよくかう15.4%
しよくこう15.4%
しょくこう7.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大臣も不承不承慎んで馬の糞を金箕でける役を勤めたとあらば、定めて垂れ流しでもあるまじく、蜀江の錦ででもうたであろう。
には、蜀江とて、を洗ふ所と、詩歌にも作るところあり。日本のすのまたなどのやうに広く、いかめしう人も通はぬ大川なり。
新書太閤記:03 第三分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
府庫には蜀江呉均氷羅罽氈雪穀越絹ふべからず。、こゝに傲語してく、らくは石崇ざることを、石崇らんと。
唐模様 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
蜀江は一寸でも貴く得難い。命の短い一葉女史の生活のには、それこそ私たちがこれからさき幾十年を生伸びようとも、とてもその片鱗にも触れることの出来ないものがある。
樋口一葉 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)