“不如帰”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ほととぎす69.6%
ほとゝぎす17.4%
ふじょき8.7%
ほとゞぎす4.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
熱海に尾崎紅葉の「金色夜叉」の碑あり、逗子には「不如帰ほととぎす」の浪子不動が土地の名物として存在を主張している。
すずめ雌雄しゆうを知らず不如帰ほととぎすの無慈悲を悟らずして、新しき神学説を蝶々ちょうちょうするも何ぞ。
ヨブ記講演 (新字新仮名) / 内村鑑三(著)
不如帰ほとゝぎすも可哀相どつせ。妾大好き。今度家から持つて来て貸してあげまつさ。」
世の中へ (新字旧仮名) / 加能作次郎(著)
『金色夜叉』は、かれの集中最も多く世間に知られてゐる作だ。お宮、貫一などゝいふ名は、『不如帰ほとゝぎす』の武男、浪子に於けるが如く、人口に膾炙くわいしやしてゐる。
尾崎紅葉とその作品 (新字旧仮名) / 田山花袋田山録弥(著)
そして昔の人があの鳥の啼く音を故人のたましいになぞらえて、「蜀魂しょっこん」と云い「不如帰ふじょき」と云ったのが、いかにももっともな連想であるような気がした。
吉野葛 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
不如帰ふじょきが百版になるので、校正かたがた久しぶりに読んで見た。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
そして「不如帰ほとゞぎす」の浪子の様だと寂しく笑つて独語した。
厄年 (新字旧仮名) / 加能作次郎(著)