“奥不帰”の読み方と例文
読み方割合
おくかえらず100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あたりの岩の狭間からは白烟が濛々と噴き上げ、其間から奥不帰岳や白馬岳の連峰が隠見する。湯のある所は海抜千七百米に近い。
黒部峡谷 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
針木、蓮華、、鹿島槍、五竜、大黒、牛首、唐松、奥不帰杓子、白馬、小蓮華と山稜の大波がうねって、其右は王ヶ鼻に遮断されている。
美ヶ原 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
五竜岳、唐松岳の空線が天半を截って、大地震の震波のような線を描く。其処から一段高く破風を抜き上げて、大伽藍の岩の屋根を見せているのが奥不帰岳の連嶂だ。
黒部川奥の山旅 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)