“鼻毛”の読み方と例文
読み方割合
はなげ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
其樣なものに鼻毛よまれてあしの御用心さりとてはお笑止やなどヽくまれいひちらせどしの
経つくゑ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
利己主義者を以て任ずる僕の自己犠牲をつたのは偶然ではない。鴛鴦は顔を下から見ると、長ながと鼻毛を伸してゐる。鷺も無精をきめてゐるのか、髪のさは一通りではない。
鷺と鴛鴦 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
生憎とおてまえは才子肌だ、男にすら、今度のように鼻毛を抜かれる。まして女には、長いうちにうあろうか。こんな女房を持って、浮気をしては罪だぞ。その時は、平四郎がゆるさんぞ。——
夏虫行燈 (新字新仮名) / 吉川英治(著)