“あほうどり”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:アホウドリ
語句割合
信天翁61.5%
阿呆鳥30.8%
阿房鳥7.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
空には信天翁あほうどり、海にはさめの大群が、溺れた戦死者の肉をねらって、あとからあとからとあつまってくる。
昭和遊撃隊 (新字新仮名) / 平田晋策(著)
が、群青色ぐんじょういろにはろばろと続いている太平洋の上には、信天翁あほうどりの一群が、飛びうているほかは、何物も見えない。
俊寛 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
をかに来てはころげ羽ばたく阿呆鳥あほうどり逃げよとすれど歩まれぬかも
雀の卵 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
まるで阿呆鳥あほうどりのように飛び廻るのであった。
からっけつの尻端折しりっぱしょりかさ一蓋いちがいたッきりすずめと云うも恥かしい阿房鳥あほうどり黒扮装くろいでたちで、二見ヶ浦にねぐらを捜して、
浮舟 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)