“黒扮装”の読み方と例文
読み方割合
くろいでたち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いて求めれば、ゆうべ矢矧の辺りで家中らしい黒扮装の卑怯者を、二人も斬り捨てたので、それを取り上げて、何か難題を迫るのではなかろうか。
宮本武蔵:08 円明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
からっけつの尻端折一蓋たッと云うも恥かしい阿房鳥黒扮装で、二見ヶ浦にを捜して
浮舟 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
名は知らず、西洋種の見事な草花を真白な大鉢に植えて飾った蔭から遠くその半ばが見える、円形卓子を囲んで、同一黒扮装洋刀の輝く年少な士官の一群が飲んでいた。
三枚続 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)