“阿房鳥”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あはうどり50.0%
あほうどり50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
はじめにれる工夫算段はじいてねばれぬものゝりにもはぬいくらせて上穗自己内懷中ぬく/\とせし絹布ぞろひはともはずお庇護ちましたとみせし新築二階造三年先阿房鳥
別れ霜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
からっけつの尻端折一蓋たッと云うも恥かしい阿房鳥黒扮装で、二見ヶ浦にを捜して
浮舟 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)