“阿房宮”の読み方と例文
読み方割合
あぼうきゅう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
要塞門より」とか、「前の家より」とか、「城のより」とか、「阿房宮より」とか、「隣り村より」とか
俳句の作りよう (新字新仮名) / 高浜虚子(著)
蝶よ花よと育てた愛女が、堕落書生の餌になる。身代を注ぎ込んだ出来の好い息子が、大学卒業間際に肺病で死んでしまう。蜀山がした阿房宮楚人の一炬に灰になる。
地蔵尊 (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
「馬鹿、そいつあ阿房宮だ」
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)