“じいや”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
老爺58.3%
16.7%
8.3%
老僕8.3%
老翁8.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「そんなことなんでもないわ。親類の間柄ですもの、兄さんがお帰りの時、老爺を呼んで来て、庭中の花を大きなへ折らせて、おぶわしてあげますから。」
嬰寧 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
ために将軍家敬し憚り「西丸の」と称して名を呼ばず、安永八年七月二十五日、六十七歳をもって世を終るまで、さすがの田沼意次さえ、驥足を延ばすことが出来なかったところの
血煙天明陣 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
さっき、鋭い呼笛がし、つづいて主屋の方から、悲鳴や、襖、障子を蹴ひらく音や、走り廻る音が聞こえて来、の三平が、あわただしく様子を見に行ったがまだ帰って来ない。
猿ヶ京片耳伝説 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
若「はい、の処の親父の存生中から奉公して居ります老僕ですが、こゝで逢いましたのは誠に幸いな事で」
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
老翁、このかい。」と、市郎は立止まってると、七兵衛は水涕りながら進み出た。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)