“じじい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
70.8%
祖父13.2%
老爺10.4%
老夫0.9%
老翁0.9%
父爺0.9%
爺々0.9%
爺親0.9%
老物0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
日本文字に精通しているというだけのとしか見えませんから、仕方なしに××領事の了解を経てコチラへ立たせた訳ですが、しかし
人間レコード (新字新仮名) / 夢野久作(著)
にかえ。彼奴は私に肖ねえで、亡くなった祖父たと見える。私は彼奴を見ると、祖父を思出さずにはおられやせん」
藁草履 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
「鶏を……。誰にられたろう。又、銀山の鉱夫の悪戯かな。」と、若い主人は少しく眉をめて、雇人の七兵衛老爺った。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
どこに居た処で何のもねえ老夫でせえ、つまらねえこったと思って、気が滅入るに、お前様は、えらいだ。
琵琶伝 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
代々養なわれた老夫だで、横のものをば縦様にしろと謂われた処で従わなけりゃなんねえので、ったことは畏ったが、さてお前様がさぞ泣続けるこんだろうと、生命が縮まるように思っただ。
琵琶伝 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
上ではんなこととも知らないのであろう。大勢が声を揃えて市郎の名を呼んでいた。其中には塚田巡査のびた声も、七兵衛老翁破鐘声って聞えた。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
塚田巡査は町の者共を従え、市郎は我家の職人や下男を率いて、七兵衛老翁に案内させ、前後二手に分れて現場駈向った。夜の平和は破られて、幾十の人と火とが、町尽頭の方へ乱れて走った。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
で、一旦内へ引返して、応急の薬剤と繃帯とを用意して、足早に表へ出ようとする時、七兵衛父爺寝惚眼りながら裏口を遅々出て来た。出逢頭喫驚して
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
で、思い思いではあるけれども、各自暗がりの中を、こう、……不気味も、好事も、負けない気もって、その婆々だか、爺々だか、稀有は、と透かした。が居ない……
吉原新話 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「馬鹿爺親、俺の胸の肉をらすつもりか。」
連城 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
出入りのを始め諸商人、女髪結い、使い屋の老物まで、目録のほかに内所から酒肴を与えて、この日一日は無礼講、見世から三階まで割れるようなわいである。
今戸心中 (新字新仮名) / 広津柳浪(著)