黄鳥の嘆きこうちょうのなげき
秘密の上にも秘密にやった事だったが、新聞記者にかゝっちゃ敵わない、すぐ嗅ぎつけられて終った。 子爵二川重明が、乗鞍岳の飛騨側の頂上近い数百町歩の土地を買占めただけなら兎に角、そこの大雪渓を人夫数十人を使って掘り始めたというのだからニュース・ …
作品に特徴的な語句
ぎつ いさゝか たま にて たま さい うずも つゞい ちいさ 可憐いと この はた ひそ いで めえ 前額まえびたい 北平きたゞいら ゆっく 往来ゆきゝ おおき 一体いってえ つま 亀裂ひゞ 以前まえ あま 確乎しっかり したゝ きわ かえ どき どころ まる おさ 三山みやま もた かた くだ かよ まかない したゝ はなや こゝ たま しま まこと 白眼はくがん はなはだ おぼ 曾孫そうそん かな わざ いつくし にく ゆる しん ずつ きま 如何いかん あお 好悪よしあし 偽者イムポースター 仮令たとえ 千鶴ちず たゞ 執拗しつこ あらかじ 危懼きぐ やか 真逆まさか 仰有おっしゃ 体裁ていさい 自暴やけ そば こら しか まと 縡切ことき 綺麗きれい ひが 儀造ぎぞう 公家くげ 物怯ものお やいば 理由わけ 玉串たまぐし ひし 照奴てるやっこ しか