性に眼覚める頃せいにめざめるころ
大正八年十月 私は七十に近い父と一しょに、寂しい寺領の奥の院で自由に暮した。そのとき、もう私は十七になっていた。 父は茶が好きであった。奥庭を覆うている欅の新しい若葉の影が、湿った苔の上に揺れるのを眺めながら、私はよく父と小さい茶の炉を囲ん …
作品に特徴的な語句
から 躊躇ためろ 上手うま 伝染うつり しゃく うかご はな ぬら づま ふせ 言伝ことづけ ただ 不動じっ 凝然じっ すべ 初初ういうい すぐ わたし 手帛ハンカチ くす 昼飯ひる おそ かか 毎時いつも とも うるさ 狼狽うろた つま くち ころも かなめ しゃが 鐸鈴たくれい 零落おちぶ 上人しょうにん 中婆ちゅうばあ 伝染うつ 何処どこ 其処そこ 円円まるまる 凝乎じっ 凝視みつ もた 判明わか はげ にお 千切ちぎ おろ いか 吃驚びっくり 四六しろく 四辺あたり 土器かわらけ 塩梅あんばい ほか やす 対手あいて 布団ふとん 庫裏くり 御符ごふ 怖気おじけ 急霰きゅうさん 悪戯いたずら 慣例しきたり ものう くく 掏摸すり かす すく かた あさひ 更紗さらさ 朴訥ぼくとつ 柘榴ざくろ つが ます 桟敷さじき けやき 此処ここ 此麽こんな 毎時いつ 法衣ころも 温和おとな 瀬尻せじり 犀川さいかわ 瑞瑞みずみず 瓦斯ガス 生娘きむすめ なお 益益ますます