“両人共”の読み方と例文
読み方割合
ふたりとも100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
って這入れと勧めるから、両人共加入りました、其時、細君が、保険をつけると殺される事があると言ったのが原因で、大喧嘩をして、お叱りを受けたことがあります。
越後獅子 (新字新仮名) / 羽志主水(著)
「貴様等は奸物だから、こうやって天誅を加えるんだ。これにりて以来つつしむがいい。いくら言葉みに弁解が立っても正義は許さんぞ」と山嵐が云ったら両人共だまっていた。
坊っちゃん (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
これもしの同窓と見えて両人共応対振りは至極けた有様だ。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)