闘牛とうぎゅう
明日は闘牛の初日というのでコルドバの町は賑わっていた。 闘牛場に近い旅館の一つ——「六人の若い海賊」と呼ばれる広大な旅館の一つの部屋に一人の若者が宿を取った。商人とも見えず官吏とも見えず、と云って勿論軍人でも無い得体の知れない人物で服装など …
作品に特徴的な語句
ケン こっ 何人どなた むね 喋舌しゃべっ つつしん すなわち こと 其方そっち 闘牛トロス しん のぼ あるい 目算もくろ わし えみ 滞在とま 最中さなか もっとも 身長たけ 高塀へい にぎわ たくまし 酒場バー 住家すまい わし 風彩みなり かすか 逸物いつぶつ いぶか くら 可成かな しき 灯火ともしび 鳶色とびいろ 一寸ちょっと ほとん あざや かく ほう 濃緑こみどり やり ひそ はげ しか 狂人きちがい 理由わけ つつ ろく 遂々とうとう 突嗟とっさ 這入はい ところ うず 四辺あたり 呶鳴どな 周章あわ 含笑ほほえ ただ 収用 おろ 壮健たっしゃ 其奴そいつ その 先刻さっき わず にわか 何時いつ なが 彼奴あいつ これ たお さて ドア ことごと うやうや 往昔むかし くら 巨大おおき 居縮いすく すくな なお むし へや
題名が同じ作品
闘牛 (新字新仮名)野上豊一郎 (著)